スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都夏物語 てんぷら圓堂

梅雨の合間も見計らってまたまた京都へ行って来ました。
ホンマに運良く7月5日・6日は晴れ渡り、暑い思いをしながらの小旅行、でもホテルは憧れのハイアットリージェンシー京都に安く泊まれてハッピーな二日間でした。因みにツイン朝食付き一人7,500円でした。

今年の京都の夏は東北大震災の影響で外人観光客が激減しホテルも町も人が少ないと聞いていましたが、ホンマに少ないのでビックリ!下の写真は八坂神社から清水寺へ抜ける『ねねの道』の写真です。4月の桜の時期は人がまあまあ多かったのですが、行事がないとこの通りです。
          ↓
【ねねの道】 見るからに人が少ないですね(+o+)         
ねねの道

そんな中、昼食を頂いた「天ぷら 八坂圓堂」さんは値段も張るのに繁盛していました。通りに面した観光客相手のお店はお昼時なのに閑古鳥状態なのにね・・・。

その圓堂さんで食べて天ぷらの内容が下記の写真です。
天ぷら10品プラス先付けの豆腐と御飯・赤だし・漬物でデザートなし。計12品、天ぷら 鴨コースで税込3,675円。
高いか安いかは行ってみて食してご判断を!!
私は次々に出ててくる天ぷらの写真撮りで忙しくじっくり味わっていなかったので判断はできませんが・・・。((+_+))

【先付けのお豆腐】
豆腐

【とうもろこし】
とうもろこし

【エビパン】
エビパン

【海老】
海老

【かぼちゃ】
カボチャ

【マスの大葉巻き】
マスの大葉巻き

【稚鮎】内臓がほろ苦く味あり
稚鮎

【舞茸】
舞茸

【伏見トウガラシ】全然辛くないですよ
伏見とうがらし

【あなご】やっぱり魚事態にあじなし、塩で食しました
あなご

【かき揚げ】天つゆにたっぷり浸けて御飯と一緒にが美味でした
〆のかき揚げ

【天ぷら圓堂の外観】
てんぷらー圓堂

【エントラス】暖簾をかき分けて入るとウナギの寝床の石畳が風情を醸し出しています
エントラス

以上がランチで頂いたメニュー内容です。カウンター席で一つひとつ丁寧に揚げてくれ、熱々を頂けます。さてお値段ですが、最後のデザートは無しがちょっと不満かな?でも、お腹一杯になりますよ。味より情緒を味わう方にお勧めです。
*照明の関係でちょっとピンぼけがありますがお許しください。

次回はたぶん来週で鴨川を眺めながら食事が出来る2回目のクワトロ・セゾンです。
                    ↓↓↓
                    ↓↓↓
                    ↓↓↓
*今回の京都は食事は別ですが、観光は羽田美智子さん新新刊「私のしあわせきょうとあるき」を参考に探索してきました。
前回を勝る内容で、あまり知られていない穴場が一杯です。京都に興味がある方は是非ご購読してみては。












コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yumeart.blog99.fc2.com/tb.php/270-7410a1e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。