スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富良野テレビドラマの世界とせるぶの丘

今日の神戸は38℃、暑いとしか言いようがない。もっとも仕事が夕方からなので直接昼間は関係ないのですが。

先日のブログで次回は小樽と告知しましたが、富良野を忘れていました。そう3日目はテレビドラマ倉本 聡氏の脚本で富良野を舞台にした3作のロケ地に言って行きました。生憎朝から小雨模様でしたが、やはり見ておかないわけにはいきません。スズキスイフトで9時にホテルを出発して、富良野へ行く前に昨日躊躇して観光しなかったセレブの丘を訪れる事にしました。思っていたより見ごたえのあるところで、昨日の晴れた日に来れば良かったとちょっぴり反省。奥のレストハウスの屋上からはケンとメリーの木も眺める事ができました。

【せるぶの丘】
小雨模様の中やはり見ておきたい執念で五郎の家に行く前に立ち寄りました。
人影は雨でまばらでしたが、お花は綺麗に咲き誇っていたので満足。
晴れていたなら奥まで行って反対側から撮影したい所です。
zerubunooka01

zerubunooka02

*施設の屋上から有料だった資料館の横のケンメリーの木が見えました。
zerebunooka03



【富良野テレビドラマ】

「北の国から」

*五郎が書き残した淳達へのメッセージ
メッセージボード

妻の不倫が原因で故郷北海道で最初に3人で住んだ家。
淳が五郎に愚だ愚だと文句を言っている場面がめに浮かびます。
最初に3人で住んだ家

*2番目の石の家
外見はかっこいい家と思いきや、中はドラマ通りの質素な作りで、
今でもあの3人が生活しているかの様に生活用品が沢山置いてあります。
五郎 石の家01

五郎 石の家02

炭焼き小屋002

五郎 石の家03

五郎 石の家04五郎 石の家05
" />

家の中

「拾って生きた家」
ここは淳と結が結婚して住んだ家だ、ゴンドラ・コンテナ等々
の廃材を利用して五郎が建てた家で、中は意外と近代的で
今の普通のと変わりません。むしろかっこいいかも知れません。
淳と結の家001

淳と結の家001

「麓郷の森」

五郎が村の仲間と立てたログハウス。
中は使っていないせいでカビ臭かったが、
本来無い物が見れてラッキーかな・・・。
ドラマでは「84夏」で淳と正吉の火の不始末で
火事になり焼失したのですが、撮影は別セットで行い
、残しておいたもです。
rokugo

この時間帯になると雨足もひどくなりゆっくり観光できなくなり、あまり真剣に撮影している場合ではありませんでした。
次回にとっておきます。

見学場所は、五郎の石の家・拾ってきた家・麓郷の森と3箇所になり各々車で5分くらいです。是非どうぞ!!

次回は「優しい時間」・「風のガーデン」からです。






コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yumeart.blog99.fc2.com/tb.php/278-c1324378

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。